パニック障害 「2」

私のパニック障害の発作は深夜1時半頃に決まりのように起こった。
息が出来なくなり、跳び起きる。薬を飲まなくては!! ベッドから起き上がり座ると溶けるように崩れ落ちる…巨体がレースカーテンのように音も立てず…気が付くと明け方。跳び起きた時程の苦しさは無くなっても喉がつまり溺れているように呼吸に努力が必要。
フラフラ(実際は右に左に廊下の壁を跳ね返りながら)と歩いて台所の薬を飲む。待つ事10分ほど…苦しさは残るが息が出来る。眠る前の薬を増やすと朝起きられない。
私には任務があるのだ。好き嫌いが多く卵焼きとウィンナーしか食べない主人。しかし作ってもこんなもんと言う主人が「ご主人様より早く起きて朝飯くらい作」
3年かけて主人より早く起きられるよう練習した。私の入れた珈琲はまずいと残しトーストはいちゃもんつけて食べない。ご飯は朝から食えん!と主人。もう私に出来ることはないのに…
薬でふらつき頭痛を我慢して3年。今は長男の弁当作りが楽に起きられ役だっている。主人の弁当も作っている。浮いた尾昼食代で週3回うちっぱなしに行く。有休とって半休で帰宅してくる。月3回のゴルフのうち1日は有休で平日に行く。
主人は発作を見る事は無いし苦しんでいても目に入らないのだ。大事なのはテレビ&野球&ニュース&好きな物だけの食卓。
深夜1時…新婚当時から続いた習慣。週5日組合で外食週、2回麻雀して楽しく帰宅し、寝ている私を起こし夜のお勤めを強制させていた時間が1時。
初めから寝坊スケの寝たろうだった訳では無い。新婚から悪阻が酷くなるまでは朝食(ご飯と玉子入り味噌汁)、弁当、夕飯(主人の野菜の一切無い食べれるもの)作っていた。が、やはり毎回どれにも文句をつける。そして食事を残し一人自分の分だけ買ってきてあるハー★ンダッツやプリンを食べ始めるのだ。今だに…


        私は専業主婦      ストレス源は

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0